毎日の生活をもっと楽しく、もっとラクチンに♪

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期健診 7月
2010年07月02日 (金) | 編集 |
今日は定期健診の日。
いつもワクワクドキドキの時間です。
毎回朝一、9時に予約を入れているんだけど、いつも30分以上は待たされる。
この時間が長い。ドキドキするから、余計に長く感じる。
とはいえ、ちょうど旦那さんもお休みの金曜日だから、付き合って一緒にきてくれる旦那さんの方がもっと暇をもてあましているんだろうけどね。

今回も、元気に動いてました。
順調だって♪
でも、胎盤の位置が低いんだそうです。
「安定期には入りましたが、出血しやすい状態ですから、安静にしてくださいね。運動はだめですよ」とのこと。
しかも、このままだと、助産院での出産はだめだそうです。

なんか動揺しちゃって、胎盤の位置が低いとどう危険なのか?なぜ、助産院での出産はだめなのか?とか、なーんにも聞かずに出てきちゃいました。
まったくこまったもんです。
旦那さんにそう報告したら、「なんで詳しく聞いてこないんだ」って怒られた。
だって、急に言われてもねぇ。

というわけで、家に帰ってきてから、調べてみました。

妊娠初期は胎盤の位置が低いことも多いのだそうです。
子宮が大きくなるにつれて、胎盤の位置があがることもよくあるとか。
ただ、あがらなかった場合、前置胎盤、ということになり、帝王切開になるんだとか。
ほお。
20週の段階で、お医者さんに、「順調だから、助産院で大丈夫ですよ」って言ってもらえないと、助産院での出産はダメなんです。
なんとか、胎盤の位置、上がってくれないかなぁ、とお腹に話しかける毎日。

でもね。
なんか、この記事読んで泣けてきちゃったよ。

『前置胎盤とは…、
 胎盤は受精卵が着床した場所にできます。通常それは子宮体部…、子宮の上の方なのですが、なんらかの原因で子宮の下の方の着床しそのまま胎盤ができ、内子宮口の全部または一部を胎盤が覆ってしまう状態、それを「前置胎盤」と言います。ママにとっても、赤ちゃんにとっても危険性の高いハイリスク妊娠です。
 でも、メモルはいつも思うのです。受精卵が子宮口から出てしまったら妊娠は成立してないのです。前置胎盤の赤ちゃんは子宮口から出てしまう寸前に必死にしがみつき着床した、とてもがんばり屋さんの赤ちゃんなんだなーと。』
http://memoru.babymilk.jp/ninnsinn/kouki/zentitaiban.html (前置胎盤とは、より)

『子宮口から出てしまう寸前に必死にしがみつき着床した、とてもがんばり屋さんの赤ちゃん』

それは、すごいことだって。
一生懸命、わたしたちの処へきてくれたのかもしれない、って思ったら、なんか、鼻の奥がつーんってなって、泣けてきた。
だから、どういう状態でも、素直に受け止めよう、って思う。

もちろん、わたしは、助産院での出産を希望してる。
だって、そのほうが赤ちゃんとずーっと一緒にいられるから。
はじめから、母乳&布おむつ育児だし。
きっと、胎盤が上がってくれるよう、次の検診まで一生懸命お願いするけど、
でも、上がらなくっても、それはそれで受け入れようね。

それで、君とわたしのつながりが減るわけじゃない。
君がこんなわたしのところへ一生懸命来てくれたなら、そしてそれはわたしが心から望んでいたことだから、
どんな風に生まれても、それは変わらない。

このページを、この1行を書いてくれたメモルさんに感謝です。

ともかく、無事生まれてくれれば、それだけでいいのです。
ママもパパも、おばあちゃんも、みーんな待ってるよ。
元気に育ってね。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。