毎日の生活をもっと楽しく、もっとラクチンに♪

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物に話しかけること。
2008年10月31日 (金) | 編集 |
だいぶ前に、ポノポノのセミナーを受けるきっかけについて書きました。

で、「受けてみようと思ったもう一つのきっかけ」について、まだ書いてなかったなぁ、ってことに気付きました。

わたしは小さな頃から、物に話しかける人です。

お人形や動物はもちろん、うちにあった柿の木、椿の木、びわの木、草花、なんにでも話しかけます。

でも、ある日、夜中にお人形に話しかけてると、部屋に入ってきた母に大笑いされました。
小さな頃は、笑ったりしなかったのに、小学校高学年のわたしが人形に話しかけているのは、母にとって変なことに思えたようです。

笑われたことで、それがすごく恥ずかしいことなんだ、って思うようになりました。

だから人にそういうことを話したことはあんまりありません。

大人になってからも相変わらず、テレビや電子レンジ、冷蔵庫、車などなどいろんなものに話かけてる私。

時々、何かを感じるのか、
「○○さん(わたしのこと)って、テレビとかに話しかけてそうだよね」って言われるので、
「うん。電子レンジとか車にも話しかけるよ」って答えると、
その後、不思議ちゃんと呼ばれるようになる。

そんなことが何度かありました。

そのたびに、「そっか、やっぱりみんなそんなことしないんだ」って思ってた。

けど、話かけると、物は長持ちします。
車とか、事故も故障もしたことありません。免許とってから12年、めでたくゴールド免許継続中です。
電子レンジは東京に出てきて17年。まだがんばってくれてます。

お花にも必ず、「わたし、めんどくさがりだけど、それでもいい?家に来てくれる?」って聞いてから、「うん」っていってくれた子だけ連れて帰ってきます。まぁ、こちらが気に入った子に「やだ」って言われたこともないけど。

そうすると、雑草とかあんまり抜かないし、お水あげるの忘れちゃったりするけど、ほんとに健気に毎年花をつけてくれます。

ベティさんと話しているとき、ヒューレン博士のクリーニングの話から、そんな話になりました。

ベティさんは、「物に話かける」といったわたしに、

「そういう人はなかなか理解されないから、つらい思いをしたこともあるでしょう?」って聞いてくれました。

あんまりつらい、とか思ったことはなかったけど、理解してもらえたこともなかったから、
なんだか、すごく、うれしかった。

何か、一つひとつのことが、自分のすごく深いところに繋がっているような感じ。

これは、わたしが知りたかったことだ。

そう思ったのです。

みんなが幸せになるホ・オポノポノ」には、ベティさんの体験談や、吉本ばななさんの体験談ものっています。

セミナー後、今まで以上に、積極的に、意識していろんなものに話しかけるようになりました。
で、いろんなものも、わたしと一緒にクリーニングしてます。

たとえば家。

きれいになろうね、って声を掛けてから掃除を始める。
出かけるときは、「いってきます。ちゃんと泥棒からお家を守っててね」って、家にお願いして出かける。

そしたら、「ただいま」っていうと、家が「おかえり」って言ってくれているように感じます。

わたしの気のせいかもしれないけれど、もしもお家が「おかえり」って言ってくれていたら、
一人暮らしの人も、ちっとも寂しくなくなるな、なんてのほほんと考えるわたし。

以前、一度だけ、下着泥棒にあったことがあるのですが、
その時、警察の方からこんな話を聞きました。

「ベランダや玄関、庭が汚れている家は犯罪が起こりやすいんです。」

ちょうどその頃住んでいた家は、1階で夕方から焼き鳥の屋台が出るので、わたしの部屋の真下がごちゃごちゃ雑然としていたんですよね(-_-;)
仕事が忙しかったから、家にもあんまりいなかったし。

犯罪者は、その家がなんだか大事にされてないな、って感じ取っているのかもしれないですね。
そういうものを引き寄せる何かが出ているんだろうなぁ。

どうせなら、幸せキラキラ(オレンジ)って感じのエネルギーをいっぱい放出したいものです。家からも、自分からも、自分のもちものからも。。。

いっぱい物があふれている時代だからこそ、たくさんの物が愛されて、人も物も幸せいっぱいになりますようにclover

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。