毎日の生活をもっと楽しく、もっとラクチンに♪

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安定期
2010年07月30日 (金) | 編集 |
今日は21週目の定期健診でした。
先月、『胎盤の位置が低いから、安定期に入ったけど、安静にするように!ちなみに、このままだと、病院での出産ですよ。』といわれていたので、今日もまたドキドキしながら、検査に行きました。

昨日、今日と、おなかのポコポコ(胎動)も小さめだから、ちょっとそれも心配。
まぁ、動いてるから、大丈夫だとは思うけど。。。

いつものように、腹囲と子宮底長はかって、むくみ調べて、、、
さて、超音波。
この時も、今日はあんまり動いてない。
けど、先生いわく、『順調ですね~。ちょっと頭が大きいけど、まぁ、正常の範囲です。』とのこと。
心臓もばくばく元気に動いてる。よかった♪

胎盤の位置は内視鏡で見るとのこと。
ドキドキは続く。。。

緊張して耳を澄ましながら、画面をくいいるように見つめる。
なんか、これ、胎盤っぽい。
けど、低い、、、ような気がする。。。

と思っていたら、、、、
『あ、ちゃんとあがってきてますね。これなら大丈夫。正常の範囲ですよ。』

おぉぉぉぉ、そうなんですか?
大丈夫なんですか?
ありがとうございます~。

ということで、無事、安静も解除され、普通の安定期の妊婦さんになれました。
助産院での出産も許可されました!

ちなみに聞かないと決めていた性別も、だんなさんと相談の上、結局聞いてしまいました。

小躍りしながら、診察室をあとにするわたし。

わーい。これで、5日間、生まれてすぐから、ずーーーーっと一緒にいられるよ。
このまま順調に育つんだぞ~!
スポンサーサイト
つわりが治まったみたいです。
2010年07月28日 (水) | 編集 |
5ヶ月に入ればラクになる、と多くの人にいわれていたけど、少しラクになっては、またぶり返す、、、を繰り返してました。
車にも酔うし、何しててもつらいし、妊娠生活を楽しむ余裕なんてなかったんだけど、それでも少しずつ、ラクになってたみたい。

5ヶ月半を過ぎたころから、長時間外には出られないものの、少しずつ散歩開始。
お友達に来てもらって(遠いのにわざわざ来てくれた友に感謝♪)気分転換したりできて、

「あれ?いつもより調子いいかも?」と思い始めて、更に2週間がたちました。

20週も終わりに近づいた今日この頃。
つわりは終わったような気がします。(油断と無理は禁物だけど)

もう妊娠生活も半分を過ぎたんだなぁ、って思うと感慨深い。

それに、おなかはどんどん大きくなって体も重くなってるはずなのに、
つわりが辛かったから、今の方が全然ラクちん。

気持ち悪くないって、なんて快適!

胎動も日々大きくなって、感動もひとしお。
残りのマタニティライフ楽しむぞ!!!
安産祈願
2010年07月02日 (金) | 編集 |
やっと5ヶ月に入りました。
先月、戌の日を調べたら、2回も戌の日があるのに、両方仏滅。
普段そんなの気にしないわたしですが、やっぱりなんだか気になるから、最初の戌の日が過ぎた、検診日に安産祈願に行ってきました。

お正月にも厄除けしてもらった、阿豆佐味天神社へ。
ここは立川水天宮も一緒に奉られているのです。
妊娠がわかってから、何度も来ていたりもします。

とりあえず、普通にお参り。

境内には、無事生まれた赤ちゃんをつれて、お礼にきているご家族が一組。
ここの神社は、いつもひっそりとしているから、とても好き。
なんだかほっとする。

その後、ご祈祷してもらうため、社務所へ。
わたしたちの前にも、安産祈願を終わったご様子のご家族が一組。

他にはだーれもいないから、二人だけでご祈祷してもらえました。

終わったあと、記念に写真撮ろうと思ってデジカメもってきてたし、わざわざ久しぶりにコンタクト入れたのに、絵馬描いて奉納したら、すっかり満足してそのまま帰ってきちゃったよ。
とほほ。わたし、ホントに、写真とるのあんまり好きじゃないみたいです。

帰ってきてから、とりあえず、いただいたものの写真を撮ってみました。
絵馬はもう奉納しちゃったけどね。

もらったお菓子は、瓦せんべい。
シンプルな味でおいしかったよ。(これも写真撮るの忘れて食べちゃったわ。)
定期健診 7月
2010年07月02日 (金) | 編集 |
今日は定期健診の日。
いつもワクワクドキドキの時間です。
毎回朝一、9時に予約を入れているんだけど、いつも30分以上は待たされる。
この時間が長い。ドキドキするから、余計に長く感じる。
とはいえ、ちょうど旦那さんもお休みの金曜日だから、付き合って一緒にきてくれる旦那さんの方がもっと暇をもてあましているんだろうけどね。

今回も、元気に動いてました。
順調だって♪
でも、胎盤の位置が低いんだそうです。
「安定期には入りましたが、出血しやすい状態ですから、安静にしてくださいね。運動はだめですよ」とのこと。
しかも、このままだと、助産院での出産はだめだそうです。

なんか動揺しちゃって、胎盤の位置が低いとどう危険なのか?なぜ、助産院での出産はだめなのか?とか、なーんにも聞かずに出てきちゃいました。
まったくこまったもんです。
旦那さんにそう報告したら、「なんで詳しく聞いてこないんだ」って怒られた。
だって、急に言われてもねぇ。

というわけで、家に帰ってきてから、調べてみました。

妊娠初期は胎盤の位置が低いことも多いのだそうです。
子宮が大きくなるにつれて、胎盤の位置があがることもよくあるとか。
ただ、あがらなかった場合、前置胎盤、ということになり、帝王切開になるんだとか。
ほお。
20週の段階で、お医者さんに、「順調だから、助産院で大丈夫ですよ」って言ってもらえないと、助産院での出産はダメなんです。
なんとか、胎盤の位置、上がってくれないかなぁ、とお腹に話しかける毎日。

でもね。
なんか、この記事読んで泣けてきちゃったよ。

『前置胎盤とは…、
 胎盤は受精卵が着床した場所にできます。通常それは子宮体部…、子宮の上の方なのですが、なんらかの原因で子宮の下の方の着床しそのまま胎盤ができ、内子宮口の全部または一部を胎盤が覆ってしまう状態、それを「前置胎盤」と言います。ママにとっても、赤ちゃんにとっても危険性の高いハイリスク妊娠です。
 でも、メモルはいつも思うのです。受精卵が子宮口から出てしまったら妊娠は成立してないのです。前置胎盤の赤ちゃんは子宮口から出てしまう寸前に必死にしがみつき着床した、とてもがんばり屋さんの赤ちゃんなんだなーと。』
http://memoru.babymilk.jp/ninnsinn/kouki/zentitaiban.html (前置胎盤とは、より)

『子宮口から出てしまう寸前に必死にしがみつき着床した、とてもがんばり屋さんの赤ちゃん』

それは、すごいことだって。
一生懸命、わたしたちの処へきてくれたのかもしれない、って思ったら、なんか、鼻の奥がつーんってなって、泣けてきた。
だから、どういう状態でも、素直に受け止めよう、って思う。

もちろん、わたしは、助産院での出産を希望してる。
だって、そのほうが赤ちゃんとずーっと一緒にいられるから。
はじめから、母乳&布おむつ育児だし。
きっと、胎盤が上がってくれるよう、次の検診まで一生懸命お願いするけど、
でも、上がらなくっても、それはそれで受け入れようね。

それで、君とわたしのつながりが減るわけじゃない。
君がこんなわたしのところへ一生懸命来てくれたなら、そしてそれはわたしが心から望んでいたことだから、
どんな風に生まれても、それは変わらない。

このページを、この1行を書いてくれたメモルさんに感謝です。

ともかく、無事生まれてくれれば、それだけでいいのです。
ママもパパも、おばあちゃんも、みーんな待ってるよ。
元気に育ってね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。