毎日の生活をもっと楽しく、もっとラクチンに♪

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レイキ~後日談~
2008年09月18日 (木) | 編集 |
記事を読み返していて思い出したこと。

母に12ポジやアチュしたことは以前記事に書きましたが、
今日は祖父のことを書こうと思います。

実をいうと、今年の夏、祖父がなくなりました。

わたしは本当におじいちゃん子。
小さな頃から、本当におじいちゃんに愛されてきたし、誰よりも特別な存在でした。

そんな祖父が、骨折したのは、レイキをはじめたばかりのの頃だったと思います。
大好きな菊の花の世話をしていて、転んで骨折したのです。
もちろん、入院。治れば退院のはずでした。

でも、年をとると、簡単によくはならないんですね。
もともとあまり物を食べない祖父は、入院中にやせ細り、筋肉も減り、杖なしでは歩けなくなってしまったのです。

やっとの思いで退院しても、しばらくするとまた体調を崩す、、、ということの繰り返しになってしまいました。

繰り返す入退院に、祖父は不安になったようです。
「自分はこのまま死ぬんじゃないか?実は重い病気なのに、家族が隠してるんじゃないか?」
そんな風に思っていたようで、当時お見舞いに行く母たちに、自分の葬式について、とかそんな話ばかりしていたようです。実際はそんなに悪い状況ではなかったんですけど。

病院に行くと入院させられる、と思うのか、
祖父は具合が悪くても、「具合が悪い」と言わなくなりました。
もともと病院が嫌いな上に、血管が細すぎて、点滴が入らないのです。
看護婦さんたちにも苦手がられてました。
痛い思いをして、やっと注射針が入っても、しばらくすると、点滴がもれて、手足が青黒く腫れる。
そんな入院生活は本当に嫌だったんでしょうね。

そんなある日、
母から夜中に突然電話がかかってきました。

祖父が危ない、と。
肺炎をこじらせていたのに、入院をこばみ、様子を見に来た先生に緊急入院させられたけど、
容態が悪化したとのこと。

遠隔はそれまでにも、何度も送っていました。
でも、この時ほど、真剣に遠隔を送ったことはなかったと思います。

この時は、泣きながら遠隔を送りました。
まだ、心の準備が出来ていなかったのです。
おじいちゃんは特別な人。この人がいなくなったら、わたしはどうしたらいいかわからない、それくらい、大切な人。

幸い、この時、祖父は一命を取り留め、数日後、無事退院できました。

この頃、母も既にレイキを受けていました。
祖父にも受けてもらいたいと思ってるんだ、という私に、母は
「おじいちゃんはこういうの信じないと思うよ。」といいましたが、ともかく手を当ててみよう、そう思ったのです。

それまでにも、血行のわるい祖父に、足のマッサージを何度かしていたので、
手を当てること自体は嫌がりませんでした。

というか、手を当てると喜んだんです。
あったかい、って。
なんだかスーッとする気がするよ。

そういってくれた言葉をわたしは最初あまり信じていませんでした。
気を使って言ってくれてるのかな、くらいに思っていたのです。

けれど、東京に帰ってしまってから、母が私の代わりに手を当てようか?と聞くと、
やってくれ、と頼んだ、というのです。
あぁ、気持ちいいっていうのは本音だったんだ。と気付いたのでした。

その後、また帰省したときに、祖父に、レイキ受けてみる?と聞くと、
あっさり、「うん」というので、かなり驚きました。

なんだかんだと、断るんじゃないかと思ってたんですよね。

アチュをして、しばらく経った頃、母から連絡がありました。
「寒がりだったおじいちゃんが、寒がらなくなった」というのです。

入院の回数も少し減ったように思います。あれから5年くらい経ちます。

おじいちゃんはわがままな人でした。

どんなに医者にとめられても、お酒もタバコもやめなかった。
わたしも、なぜか、それを止めようとは思わなかった。
というか、止めたら死ぬなぁ、なんて思ってた。
なんといっても、入院中、リハビリは嫌がるくせに、たばこ1本吸うためだけに雨が降っていても外まで歩いていたような人だから。あれはリハビリ代わりだったね。

今年の夏、1月になくなった祖母を追うように亡くなった祖父。
お酒のせいで内臓がボロボロだったそうです。
「酒が飲めなくなったら俺は死ぬ」というのが口癖だった祖父。

亡くなる数日前に、母に「俺はもう酒はいいや」って言ったそうです。

ホントに、お酒が飲めなくなったらあっちに行っちゃったんだねぇ。

おじいちゃんに、アチュできたこと。
遠隔を送れたこと。
それだけでも、レイキを受けた甲斐があった、と思います。

おじいちゃん、たくさんたくさん、ありがとう。大好きだよ。


スポンサーサイト
レイキ~体験談⑩ わたしの変化~
2008年09月09日 (火) | 編集 |
たくさんの出会いがあったレイキ。
いろんな変化もありました。

一番に思い浮かぶのは自分の父親との関係。
わたしが高校生の頃から不仲だった両親は、10年経ったその頃も、まだ離婚せずにいました。
サードを受けてしばらくした頃、レイキで知り合った友人から「神との対話」という本を薦められました。

なんとはなしに読み始めたその本を読んでいた時、突然、父との関係がはっきりした気がしました。

その時読んでいたのは「ちいさな魂と太陽」の章
今でも、とても好きな話です。「神との対話」から独立し、フォトブックにもなっているから、ファンは多いのかもしれません。

「あなたのつぎの人生では、わたしが『わるいひと』になるわ。
そして、もっともひどいことをする。
そうしたら、あなたは、
『ゆるす』ということを体験できるのよ。」(ちいさな魂と太陽より)

父はわたしにとって、『わるい人』だったんです。

この時思ったことが真実なのかどうかはわかりません。
ただ、わたしは涙が止まらなかった。一人で声を出して泣きました。
そして、父にありがとう、って心の中で伝えました。

そして、翌年の春、もうこのまま冷戦状態のままなのかな、と思っていた両親が離婚しました。
その後、父とは会っていません。
いつか会うことがあるのかな。

初めて本気で憎いと思ったのが、父でした。
大嫌いだった。死んじゃえ、って思ったこともあった。それがわたしの闇の部分。
その感情が解放されたのは、サードを受けた結果だと思う。そして、薦めてくれた人がいなければ「神との対話」も読んでいなかったと思う。

なんとなーく、天使や精霊が気になりだしたのも、レイキを受けてからです。
(ホントはもっともっと前からだけど、忘れていたんですね。)

その後、さまざまなことがあり、特にレイキやアロマを仕事にはしていません。
当時のいくつかの悩みは解消されました。
でも、また新たな悩みも出てきたりして、わたしは、いろんなことを探しています。

とはいえ、レイキを受けてよかった、って本気で思っています。




レイキ~体験談⑨ ティチャーを目指す~
2008年09月08日 (月) | 編集 |
こうしてサード受講も終わり、その月の体験会にも参加したわたし。

この時、なぜか今も仲良くしていただいているSさんと、ティーチャーAさんとお話する時間がありました。

AさんがSさんにティーチャーにならない?って薦めていたのでした。
Sさんはあんまり気乗りしない様子。

ただ、その話を聞いていたわたしは、
なぜか口を挟んじゃったんですよね。

「Aさん、わたしもティーチャーになりたいって言ったら、なれますかね?」

それまでにも何度か、ティーチャーになりたいって言う人が、
Aさんに、「もう少ししてから考えたら?」とたしなめられているのを見かけていたので、
きっとそう言われるんだろうなぁ、という思いもよぎりました。

なのに、意外にもAさんの言葉は
「12ポジ、いろんな人にやってみたら。それからね」
と拒絶されなかったんですよ。

そして、わたしは、Sさんに、一緒にがんばりましょう!となぜか言っているのでした。

それから半年、、、、

体験会にもマメに出て、他の方に12ポジさせていただくこと数十人。
この頃にはレイキ以外の友人にも、怪しいんだけどさぁ、といいながら、12ポジションをやらせてもらうようになっていました。

たくさんの人の体に触れさせてもらいました。アロマトリートメントとは違う感覚。

ファーストを受けてから、1年後。
ティーチャーになりました。

この頃は、レイキとアロマを仕事にしていこう、そう、本気で思ってました。

レイキ~体験談⑧ サード受講~
2008年09月07日 (日) | 編集 |
2001年4月に、サードを受講することになりました。

今回も、個人セッション希望。

この時から、いろんなことを感じるようになったのかもしれません。

サードのアチューンメントは3回。
7年半も前のことなのに、今もはっきりと覚えています。

いすに座って目を閉じる。
アチュが始まる。

わたしの足元に小さなピンクの蛇が現れ、ゆっくりとわたしの左足首の周りをくるくる回る。
そのまま回りながら、ひざまで上がってきて、またそこでくるくる回る。

まるで、「はじまりだよ。準備はいい?」って言うように。

この頃、わたしは自分の中のどろどろとした感情におびえてました。
わたしには影の部分がある。それを知っていたから。
時々表面に出てくる、嫌な自分。それは、本当は底を知らないくらいに深い闇なんじゃないか?
自分の闇を見るのが怖くて、見ないようにしてました。
そういうことを自覚しているくせに、気付かないふりをしてた。

たくさんの黒い影がわたしの前を通り過ぎていく。
暗い中でわたしはそれをただ、見ている。

これに何か意味があるの?

そう考え始めると、また蛇がやってきて、「何にも考えないで」というように、
頭の上でくるくる回る。

たくさんの影が通り過ぎていくと、遠くに光が見えました。
圧倒的な光。
思わず、涙が出てきました。

突然、すべてがはっきりしたように思ったんです。

わたしがしたいこと。

そうか、そうだったんだ。
わたしは、人に優しさを伝えたいんだ。
大丈夫だよ、って伝えたいんだ。わたしは手を通してそれを伝えていくんだね。

そう感じました。

2回目のアチュ。
また目を閉じる。

今回は蛇は現れません。
ただ、自分が光で溢れていく。

そして、気付く。
あんなに怖れていた自分の闇の底が見えた。
底が、あったんだ。
あんなに見たくないって思っていたのに、
見てみたら、案外、平気でした。
どろどろした何かは、あっさりとなくなって行く。

そして、一番下にあったのは、光でした。
あぁ、自分の中にも最初から光があったんだ。

まるでパンドラの箱のようだなぁ、そう思いながら、ただ、その光を見ていました。

2回のアチュでそんなことを体験し、3回目は、なぜかものすごい眠気におそわれ、ほとんど覚えていません。



レイキ~体験談⑦ びっくりする~
2008年09月06日 (土) | 編集 |
レイキを信じるようになったもう一つのきっかけ。

それはお正月に実家に帰ったときのことでした。

前の晩、あんまり寝てなくて、こたつで横になったままウトウトとしていたわたし。
そんなわたしの隣で、母が腰が痛い、とぶつぶつ言っていました。

母もわたしに負けず劣らずの肩こりさん&腰痛持ちです。

いつもだったら、揉んであげるわたしですが、この時は眠くて眠くてただ、母の腰に手を伸ばしました。

寝転んだまま、、、手は腰まで届いてもいません。
普段の母はこういう手抜きをとっても嫌います。

弟が足揉み棒を買ったからと母にやってあげた時など、
「直接もまなきゃ治るわけないでしょ。やりたくないならいいよっ!!!(母は肩を揉んで欲しかったらしい)」
と強い口調で怒っていたことを思い出しながらも、ただ手をかざしていると、、、、

不思議なことに母が擦り寄ってきました。

しかも全く怒ってない。

びっくりして目が覚めました。

わたし:「なんでこっちに寄ってきたの?」

母:「なんかあったかいし、気持ちいい」

わたし:「へー、そうなんだ」といいながら、起き上がり、改めて手を当てる。

母:「すごくあったかい。ホッカイロ当ててるみたい。しかもラクになる。」

母はこういうの、嫌う人なんです。
宗教とかにもすごく嫌悪感を出す人だし、レイキのこともサラッとしか話してません。
アロマの延長で習ったんだぁ、くらいに。

この体験は結構、衝撃でした。

わたしは眠いから、ただ手をかざしていただけだったし、
体にさわってもいませんでした。

しかも、疑り深い母に対して効果があった、っていうのはかなりびっくり。、

こうしてサードを受けてみようかなぁ、と思い始めることになるのです。

ちなみにレイキを受けると、動物が寄ってきます。
普段は気性が荒くて抱っこを嫌がるにゃんこも、手を当てると気持ちよさそーに落ち着きます。
でも、必要なエネルギーを受け取ると逃げていきますが。
動物の方が敏感なようです。

後日談:
ティーチャーを受けたあと、母が自分もやりたい、と言い出し、母にもサードまでアチュしました。
そして、母が手をあてたことで、叔父が興味を持ち、叔父にもアチュ。
みんなそういうこと信じなさそうなのにねぇ。意外なものです。
レイキ~体験談⑥ ともかく使ってみる~
2008年09月05日 (金) | 編集 |
6万も出したんだから使ってみなくては、ということで、色々やってみる。

水にエネルギー入れて飲んだり、
味替えとかにも挑戦。

ちょっと味が合わないかなぁ、って食べ物に手を当てると割と食べやすくなったり、
アロマの施術の評判がちょっとよくなったり、、、

使い方はいろいろ、応用方法はそれこそ多種多様。

月1回行われる体験会で他の受講生の方といろいろお話して、
たくさんの使い方を教えてもらいました。

他の方とエネルギーを流し合ったり、エネルギーのキャッチボールをやってみたり、、、

半信半疑だったことが、ちょっとづつ、実感として体験できるようになってきました。

Aさんから「サードを受けるかどうかは、とりあえず3ヶ月使ってみてから考えてくださいね」といわれていたのですが、慎重なわたしは結局6ヶ月後の2001年4月にサードを受講することになるのでした。

そして、サードを受けてから、本気でレイキを信じるようになるのでした。


レイキ~体験談⑤ 好転反応?~
2008年09月05日 (金) | 編集 |
効果?を体験したのは、月曜日になってからでした。

土曜日にファースト、日曜日にセカンドを受けたわたしは、
月曜日は会社に出社。昼はOL、週3回、仕事が終わってからアロマのサロンでバイト、という日々。

びっくりしたのは、汚い話ですが、お腹を壊してしまったのです。
普段、便秘気味なので、あんまりお腹を壊すことありません。

本当に驚くほど、体の中から出て行きます。
しかも、それが、真っ黒なんですよ。
別にオレオとか食べたわけではありません。
その上、別にお腹を壊した、といっても、痛みはありません。

鼻水やくしゃみもよく出ていました。

これって、好転反応?

好転反応については、アロマでもあることだし、、、と割と冷静なわたし。

21日間続けるといいよ、といわれた12ポジションをやりながら様子をみること2~3日。
あっさり、体がラクになりました。

レイキ、なかなかいいかも?
と思いつつ、わたしが単純だからプラシーボ効果?と疑う気持ちもあったりするわたし。

とりあえず、使ってみよう。

レイキ~体験談④ ファースト、セカンドを受ける~
2008年09月04日 (木) | 編集 |
その後、体のかるーい感じは数日間続きました。
マッサージを受けても、翌日仕事をするとすぐにまた体がばきばきに戻っていたわたしには信じられない出来事。

ファースト、セカンド 2日間で6万円は高いと思っていたけど、
マッサージ10回行ったら、同じだよね?

バイト先の友人に相談すると、「いいと思うよ」とのこと。

アロマのMLで知り合ったこともあり、個人セッションでの受講となりました。

1日目 ファーストのアチューンメント 4回
2日目 セカンドのアチューンメント  3回

アチューンメントの合間に使い方などを教わります。

正直いうと、体験会のときのエネルギーワークほどの感動はありませんでした。
体があたたかくなったり、寒くなったり、眠くなったり、、、

レイキのアチューンメントというのは、もともと人間が生まれた時にもっていたエネルギーの回路を広げる作業。
赤ちゃんの時には誰もが持っていたはずなのに、大人になるにつれて、忘れられ、狭くなったり閉じてしまったものを、ファースト4回のアチューンメントで広げ、定着させるのです。

基本的にはファーストを受ければ、ヒーリングエネルギーが使えるようになります。

セカンド、サードを受けることで、使い方の幅が広がり、より便利に使いこなせるようになりますが、
この時のわたしは、ホントに自分にそんなエネルギーが使えるようになったかは半身半疑です。

とはいえ、せっかく習ったんだから、やらなくっちゃね。

とりあえず、習ったことをいろいろやってみるのでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。